スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊べるパチモノ 『暗棋』 聖謙

TC02-00.jpg

遊べるけど、正直に言うとそれほどでもなかった

理由は後で述べます

前回、この『暗棋』のビデオを撮ろうと思ったら

カセットがぶっ壊れてしまった訳です

ですから違うカセット、違う本体で撮り直しました

カセットはSachenのインワン、本体はRGB出力のニューファミコン

TC02-101.jpg




地の黒が赤くなってます

バブルボブルと一緒ですね

強調表示が効いているのでしょうか?


さて、この暗棋というゲーム

ルールがわからずに適当に駒を動かしているうちに

だんだんとルールを把握することができてきました

すごいぜ俺、遊び方を紹介してやろう


その必要はありませんでした


勘違い

これオリジナルのファミコンゲームじゃなかったんですね

暗棋(アンチー)と明棋(ミンチー)は、象棋の棋子(駒)と棋盤の半分である4×8のマスを用いて2人で遊ぶ台湾で盛んな棋類のひとつです。象棋に比べて容易に遊べるので、象棋の出来ない女性や子供にも人気があり、台湾を中心に、中華文化圏で幅広い層に遊ばれています。
http://210.150.246.43/game.hp/anqi/1.html

遊び方も上のリンクページでばっちりわかり易く紹介されています

それぞれの駒の強弱は中国象棋を知らないと覚えづらいかもしれませんが

たいして種類が多いわけでもないのですぐに覚えられると思います

ちょっと不思議な砲(炮)の動きも中国象棋に準じたものです

という風に単純、簡単で面白いは面白かった(過去形)のです

CPUがお馬鹿さんであると気がつくまでは


ルールを把握したら負けられなくなりました

後悔するような致命的一手を指してしまっても挽回可能というね

ファミコンの五目並べ初級に全く勝てない私でもこうです

さほど複雑ではない思考型ゲームなだけに物足りなさの残る難易度が残念なソフトという評価

それと投了がBボタンなのはインターフェイスとしてどうなのかと思いますよ

TC02-07.jpg


面白そう??




   
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム雑記
ジャンル : ゲーム

tag : ファミコン パチモノ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tumaguro

Author:tumaguro

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。