スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シグマAV5000+TOTOTEKコンバータ+ファイティングスティック

以前、Men Gunnersさんに紹介されたデジアナ切替の面白機能を持つ

ホリのファイティングスティック HPS-71

果たしてTOTOTEKのコンバータに通用するのか試しに買ってみた

HoriFS-398.jpg

駿河屋は相変わらずきったねえのを平気で送ってきます
HoriFS-400.jpg

HoriFS-407.jpg


いつものごとく洗うのでいきなり分解です

中身
HoriFS-395.jpg

HoriFS-401.jpg

HoriFS-411.jpg


ボタン類はポリデントで
HoriFS-406.jpg

HoriFS-409.jpg

綺麗になった
HoriFS-412.jpg


ガワの清掃も終わったので、使いやすく改造する準備に

プレイステーションでの使用は考えない方向で

まずそのままではコンバータをかました時にボタン配置がよくないので
ボタンをネオジオ然とした横四列にしなければなりません

次にLRボタンの処理

TOTOTEKのコンバータではLRがそれぞれ連射とスロー(スタート連打)の
ファンクションキーとして機能するようになっています

スローはいらないけど連射はあった方がいいと思うのでL(連射)ボタンは残すことに

残すにあたってL3,R3に振り分けてもよいかなと考えたものの
メイン基板がボタンスイッチのはんだのみで固定されているという構造のため
強度への不安からLボタンは30φ側に残すことにしました

HoriFS-416.jpg

△ボタンはそのままでも良かったのに惰性で基板の穴を拡げてしまい
無駄な配線をすることになってしまった

HoriFS-418.jpg

30φのメクラキャップがそのまま使えるのは良いです

あと振動用のモーターは取り外したままです

準備が整ったということで

ひとまずプレステ2で雷電IIIを遊んでみることにします

・・・・・駄目ですね

レバーの入りが悪い

具体的には左下に入りにくい

レバーを下に入れそのまま左にずらすと突き当たる位置で左の入力が効かない

つまり、左下に入らない

その状態でほんの少し左上に上げると左の入力も効くようになる

ばらした後の組み立てが悪かったか?

いや、再組み立て時の方向如何によっては他の場所が悪くなっていたのだろう

これはこのヘンテコリンなレバーの構造的な問題

さて、どうしたものか

ひっかかりがあるのなら、そのひっかかりをなくせばいいのだ

どこが原因なのかわからないまま
とりあえずでメインガイドにあたるパーツの内側を削ります

ヤスリが見つからなかったのでカッターで

それにしても安っぽい部品です

何回か削りと組み立てを繰り返して

まあ何とかあたらなくなったかもなあといったところでテスト

・・ああ、まあ、こんなものですね

TOTOTEKコンバータのテストだけが目的なのにどうしてここまで?


ようやくコンバータのテストです

これがデジアナ切替スイッチ
HoriFS-419.jpg


結果は

スイッチがどの場所でも支障なく動作しました

検証終了

ファイティングスティックの存在理由も終了
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tumaguro

Author:tumaguro

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。