スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センチピード CENTIPEDE

日本では全く知名度がないけれど
アタリやインテレビジョンやコレコビジョンなど
海外の古いゲームで遊んでいると避けて通れないセンチピード

MillPac-46.jpg

アーケード版が日本でも発売されていたらしい

でも本当にあったの?レベルでアーケードゲーマーでも知りませんよね

海外では懐かしパックやリメイクで何度も発売されているのに
これまた日本ではさっぱりです

あえてソレっぽいものに触れられるのは
ファミコンに移植された続編のミリピードくらいかしらん
(ああ、アタリ2800にも出ていました)

小さい頃に夢中になったゲームではないから
単純で遊べないことはないけどやっぱりきつい

しかしまあ、あまりに視界に入ってくるので
思い入れは全くないものの馴染み深いゲームと錯覚してきます

んで

eBayでしばらく出品されていて

あまりに気になったので

つい落としてしまいました

MILLPAC
MillPac-35.jpg

MillipedeじゃなくてCentipedeのキャラ変え海賊版です

どうして"MILL"PAC?

MillPac-30.jpg

で、これ困ったことがあって

MillPac-34.jpg

JAMMA変換ハーネスがついてきたのはいいんですが
それ以外の資料が全く無いのですよね

どうもCENTIPEDEとは全く違う基板らしい

MillPac-22.jpg

DIPスイッチはどうやらCENTIPEDEと同じ設定でいけるらしいことが判明

ただしCENTIPEDEではDIPスイッチが3つあるところ2つしかない

なにかCENTIPEDEのコピー基板があって、それと配線が一緒なんじゃないかと思いましたが
ネットで調べても、そもそものコピー基板にちっとも行き当たりません

おおよその配線は変換ハーネスを追えば済むのですが

MillPac-pinout.png

それ以外の配線がわかりません

具体的になにが知りたいのかというと

トラックボール用の配線があるのなら知りたい

コンシューマのセンチピードを遊んでいて
どうも遊びにくいゲームだなと思っていたら
本来はトラックボールで遊ぶゲームだったんですよね
そう考えると確かにトラックボールに適したゲームデザインですわ
ランパートもトラックボールで遊んでみたい

ちなみにコンシューマでは
COLECOVISION版やATARI5200版がトラックボールにも対応しています

せっかくだから対応できるトラックボールを用意できるかは別として
配線くらいは知っておきたいわけです

実際に対応していたらの話ですが・・

んじゃあ、それっぽいところに通じてそうな配線を追ってみる?

MillPac-32.jpg

MillPac-31.jpg

んーー、何よこのペイントは

トラックボールで遊びたいなあ

でも本物のCENTIPEDE基板は大きそうだし面倒くさそうなので欲しくないのよね


スポンサーサイト

テーマ : ゲーム雑記
ジャンル : ゲーム

tag : パチモノ アーケード基板

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tumaguro

Author:tumaguro

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。