スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア発 メガドライブソフト

実態は良くわからないのだけど
どうもロシア方面で密かにメガドライブが普及しているっぽい形跡は
まあ何となく認識していました

ロシア語はさっぱりなので、方々の画像から推測するに
小天才(Micro genius)でおなじみDendyブランドで販売されていた頃は
本物純正のSEGA MEGADRIVE 2?だったことが見てとれます
http://www.dendy-steepler.narod.ru/stuff.html

これがいつの頃からかMagistr Driveなる名称の(おそらくは)クローン機が取って代わり
中国でファミコンがそうであったようにキーボード付き学習機が販売されるまで
普及、独自発展しているらしい模様

このキーボード付きメガドライブは非常に興味深いのですが
ロシアの販売サイトで売られているのを確認するのみで
どういったものか全く内容がつかめません
ロシア語わからないし

たまたま見つけたキリル文字のゲーム系フォーラム
Magistr 16 (Russian) (Program)なるものがアップされており
試しにメガドライブのエミュレータで起動してみたところ
専用のBIOSを通さないと駄目な様です
やはりただのメガドライブとは違った
Magistr-16.png

参考になるかな?
http://segaretro.org/Magistr_Drive
http://segaretro.org/History_of_Sega_in_Russia


斯様にロシアではメガドライブが元気なのだなあと感じたのには他の理由もあって
それはキリル文字メインのメガドライブ用ゲームイメージが目に付くようになったことです

それらイメージで配布しているのかなと思っていたら
勝手になのかどうか、どうもカートリッジの形として販売しているらしいことが判明

ナスカの里■海外メガドライブソフトレビュー(SEGA Genesis)

えーっ、いつの間にこんなに!
と90年代のアジア方面にしか目が向いていなかった私には青天の霹靂
全くのノーマークでした

最近ではヤフーオークションでもこれらのソフトが出品されるようになって
遊ぶだけに関してであれば敷居は高くないのですが
やっぱり中国産のそれは違うよねー、という意識もあり
陶宝で手に入れられる状況にあっても敬遠気味

まあ Magistr Drive が中国製臭いことを考えると
ソフトがロシア方面で流通しているからといって中国製でない保証はないのですけどね

MD[Rus]-93

この度、機会があってまとまった数のソフトを購入するに至りました

MD[Rus]-94

このカートリッジは背面両端に切り欠きがないため
そのままではRetrode2に入りません
MD[Rus]-95

全てのソフトが謎のプラ版補填構造
基板はそのサイズと形じゃないといけないの?
MD[Rus]-96

MD[Rus]-97

TANKゲーム
MD[Rus]-99
MD[Rus]-98

カートリッジのツメが背面についています
前出IRAQ WARのカートリッジのツメは前面側についていました

ファミコンのパチモノカートでもよくあるのですが
ガッチリとしまっている場合にツメがどちら側についているのかわからないと
破損の恐れも出てくるため、開ける時に大変苦労します

メガドライブの場合はどれもほぼユルユルなので苦労した覚えがありません
(ネジ止めされているのは別)

箱はサン電子のと同じくらいの大きさ?
MD[Rus]-02
MD[Rus]-01

想定していた通り、カートリッジそのものはちゃちいです
これは中国製に負けず劣らじ

Retrode2で試したところ起動しないソフトもありました

ソフトの質はどれも同人レベルです
タンクフォース風のゲームがそこそこ遊べるのはパチモノでも普通ですね
よく出来てる頑張ってるじゃんと思えるゲームは元ネタありのキャラハック物というオチ

キャラハック物はつかみたくないなあという方は
http://rufiles.narod.ru/page2.htm
元ネタが併記されています
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム雑記
ジャンル : ゲーム

tag : パチモノ メガドライブ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tumaguro

Author:tumaguro

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。