スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーファミコンのデッドコピーカートリッジ

興味がないので全く気にしていなかった

そりゃあ、あるだろうと思っていましたが、やっぱりあるのですね

スーパーファミコンのコピーカートリッジ
sfc-1.jpg

何か違和感(ラベルの質感がおかしい、やけに軽い)を感じながら
しばらく気がつかなかったのは
そもそもスーパーファミコンに馴染みがなかったという理由と
ファミコンやメガドライブのそれと違って、精巧に出来ていたから

sfc-3.jpg

sfc-4.jpg

何故そこを一線としているのか
コピー業者はメーカー名の使用だけは必死で避けています

ラベルシールでもメーカー名を消していたり
ソフトの中身もメーカーロゴを潰す、消す
起動時のメーカロゴ表示をスキップさせる などなど

中には面倒なのかそっくりそのままってのもありますけどね
そういうものはカートリッジで判別できるニセモノさ加減です

正規品の殻を流用しているケースを除いて
まさかNintendoの刻印までパクっているコピー品があるとは思いませんでした

まさにデッドコピー

パッケージからして悪質なゲームギアのコピー品でも
さすがにカートリッジにSEGAの刻印はありません


では、改めてこのカートリッジを眺めてみると
ところどころに見られる粗さが

ラベルの切抜きが甘いですね
sfc-2.jpg

正規の任天堂カートリッジにはサイドのフックは無いようです
一般的?なパチモノ同様にネジ不要の仕様なのですが
しっかりと例の特殊ネジが使われていました
sfc-7.jpg

見えないところの成型も甘いです
sfc-6.jpg

そして鼻糞つき基板
sfc-5.jpg


さて、この中に正規品はいくつあるでしょう?
sfc-8.jpg




答えは左から

・SFC正規品(NTSC)
パチモノ(オリジナル)
パチモノ(幽遊白書)
パチモノ(in1)
・SNES正規品(PAL)
・SNES正規品(SNES)

PALとNTSCは逆だったかも
スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

tag : パチモノ スーパーファミコン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tumaguro

Author:tumaguro

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。