ペンゴ!(ロケテスト8月6日まで)を遊んできた

タイムリーな情報や話題には不向きな当ブログですが
いま(一部で)話題のペンゴ!のロケテストを体験してきました

昔から常々、こう思っていました

「ペンゴがボンバーマンみたいに対戦になったら面白そうなのになあ」

「もちろん無駄にゴテゴテしていない昔のままのグラで」

なんとこのご時世にアーケードで復活(未定)するとは

開発ロケテなので内容は大幅に変わる可能性があるとのこと
それでもとりあえずは遊んでみたいものです
ということで遊んできました

遊び方や内容はこちらで触れるものでもないでしょうから
他のページを参考にしてください




感想です


遊んでみてまず面食らったのが遅延が激しいこと
これはハードの問題なのかソフトの問題なのか
液晶の筐体で遊んだこと自体がないので判断しかねますが
現在の液晶主流環境がこうであるのなら、ひどい世の中だと思いますし
ソフトの問題だとしたら、ゲーム内容以前の話であって
開発段階とはいえ、披露する前にクリアして欲しいですね

ルールについて
どのような候補、選択肢の中から採用されたのか
勝利条件が点数勝負というのは、プレイ中にも直感的にわかりづらく
何より、勝っても達成感が感じにくいという致命的な欠点があります(ありました)
また、1分の制限時間というシステムがある以上
ゆ~れいペンゴは全くの蛇足でしかありません
対戦の醍醐味は得点競争ではなく生存競争にあると思いませぬか?

ダイヤモンドブロック
これが無ければペンゴは始まりません
しかし、揃えられなければあっても意味がありません
あの広大なフィールドにたった3コ
協力でもしない限り制限時間1分以内に揃えるのは到底不可能と感じました
揃えたところで得られる特典もお粗末です
もっと豪勢に一人勝ちでもいいじゃないですか
反対に敷居を低く、画面上に6コ或いは8コでも散らばらせても

スノービー
こんなにアクティブじゃないスノービーなんて・・・
パックマンの餌のごとく、点数のためだけに存在している
しかもウジャウジャと
お前ら餌じゃなくてモンスターだろ、もっと執拗に追いかけてこいよ
いや、来てください、お願いします 適度な数でね


グラフィックのおもいっきり度にペンゴらしさを感じるのに反して
ペンゴであってペンゴではない何か変な感覚を覚えます
それはペンゴにそっくりなのにルールがペンゴではないからです

「この人に話しても意味無いけど」と思いながら会話をした
感想を聞いてきた店員さんはオリジナルペンゴ未経験世代

ターゲットは懐古趣味からロケテストに足を運ぶ我々のようなオッサン世代ではなく
いきおいその様な人たちがメインになるのでしょう
ですから、彼らはまた違う感想を持つかもしれません
逆に旧作品にとらわれないゲームそのものの面白さを純粋に受け止める存在となりえます

ゆ~れいペンゴは非常におもしろいアイディアです
しかしそれはアイディアまででした
まったく面白くないシステムです
ありきでルールに押し込めるギミックではないと思います
得点ランキング制とともに見直しを求めます

プレイにもっと緊張感、別な言葉でいえば殺伐さが必要です



以上のようなことを訴えられるアンケート用紙が用意されています

pengo.gif

しかし、その場ではここまで書けないですよね

余裕があったらプリントして回収箱に入れてくるかな

トライアングル・サービス
http://www.triangleservice.co.jp/


 
スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tumaguro

Author:tumaguro

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード