スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームになった映画たち 完全版

一部?で話題になっている「ゲームになった映画たち 完全版」を買いました

以前、そういう本(無印)があると知り

買って読んでみようと思ったときには、すでに絶版、入手困難になっていましたから

完全版の発売が、ありがたいはありがたいのですが

無印本から割愛された部分もあるとのことで、残念な気持ちもあります

http://twitter.com/okunari/status/55073539992207361
もう公開されたみたいです

そもそも興味を持ったきっかけは

EnterJam(多分)のスタローン関係のインタビュー記事が面白かったから

(多分)というのは該当すると思われるURLからページが消えてしまっているため

多分、EnterJam内の記事だったのだと思う

そこで、ああこんな本があるのかと知った次第


A4判大程度の装丁を想定していたら、もっと大判

中身もカラー写真が多くて豪華

というのが第一印象

ただ、流し読みした感じで個人的に楽しめる内容ではなかった

しまった!

私には映画の素養も教養もなかった

ゲームをやったことはあるけれどT2もエイリアンも観たことがないレベル

上でスタローンの記事で興味を持ったと言いましたが

実はランボーも観たことありません

ロッキーは2まで?はテレビで観た、、、と思う

ですから、私にはこれは映画好きがターゲットの本のように見えてしまったわけです

映画の作品点数と紙面の限界を天秤にかけた結果の

おそらくは最も最適なバランスだったのでしょうが

私の期待したゲームの閲覧資料としては物足りなかった

とはいえ

「これ元ネタがあったのか」と初めて知ったゲームも数知れず

サモハンキンポーがサモハンに改名していたとは知らなかった

勉強になります


「週間 ゲームになった映画たち」(ディアゴスティーニ)形式なら
ジャンクハンター吉田氏の膨大な資料と含蓄も大いに発揮できそう

そんなに絞って売れるかー!というのは抜きに

それと、今後、もしそういう機会があったとして、ピンボールは扱わないのかな~?



スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

tag : 書籍

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tumaguro

Author:tumaguro

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。